ぎっくり腰

ぎっくり腰(急性腰痛)

ぎっくり腰とは、突然に起こる激しい腰痛の事で、正しくは急性腰痛と言います。

重たいものを持った瞬間や、中腰で後ろを振り向こうとしたときなどに、腰に急激な痛みが走ります。あまりの痛みに動けないという方が多く、強い痛みが特徴です。ギックリ腰では、腰の筋肉の一部を痛めてしまったり、腰の軟骨(椎間板)や靱帯を痛めてしまったり、関節を痛めていたりします。
ぎっくり腰の中でも多 いのが、腰椎の周りの筋肉や筋膜の一部が切れ、腰椎の両脇にある腸腰筋などのインナーマッスルの筋スパズム(痙縮)を起こすものが多くみられます。

ギックリ腰は、明らかに腰痛を起こす原因となる行動や思い当たるきっかけがある場合があります。例えば、

○中腰で重たいものを持ったとき

○後ろを振り向こうと体を捻ったとき

○長時間のデスクワークをした後

○寝不足・疲労が続く状態で無理をした
過度の精神的なストレスが続いていた、あるいは前日にひどく腹を立てた等です。

このようにぎっくり腰は日常生活の様々な場面で起こります。これらの動作で直接腰の関節や筋肉を傷つける場合もありますが、多くの場合は以前からの筋疲労や不良姿勢の問題が蓄積されています。
痛みは突然でも、その原因は以前からの筋疲労や日頃の不良姿勢の問題、インナーマッスルの筋力低下、心理的な状態が関与するミックスされたケースがほとんどです。

ぎっくり腰の症状

ぎっきり腰になると身体が曲がったまま伸ばす事ができない。

痛みのため上半身をかがめた状態でしか歩けない。

上半身を後ろにそらすことができない。

歩行による振動で腰に痛みが増すのでゆっくりしか歩けなかったりする症状である。

くしゃみや咳でも激しく痛む…など症状が見られます。

カイロプラクティック治療

ぎっくり腰では、少しでも動くとズキッ!と痛みが走り、動けないくらい程の痛みがあることが多く重症だと決め付ける方も少なくありません。
重症なケースでは、無理に動かすと余計に炎症がひどくなり、立てなくなるケースもあります、まずは患部を冷やす、骨盤ベルトで固定するなどの処置が必要です。
きちんと分析してカイロプラクティック治療を行うと早期改善が見込めるます。
多くの場合ぎっくり腰では、骨盤内の筋肉に筋スパズムと呼ばれる状態を起こしています。筋スパズムは炎症や急激な筋肉の伸張が元でその筋肉が極度の緊張状態に陥った状態です。筋スパズムでは、神経も過敏になり、どう動かしても痛みが起こります。
この筋スパズムを治すには、ある程度回復に時間を要します。カイロプラクティック治療で、筋肉の状態を出来るだけ改善し、回復時間を早める治療を行います。

腰の痛み・周辺の症状

  1. 椎間板ヘルニア
  2. 脊柱管狭窄症
  3. 脊椎分離症/脊椎すべり症
  4. 慢性腰痛症
  5. 椎間関節症候群
  6. 変形性腰椎症
  7. 腰部コンパートメント症候群
  8. 仙腸関節性の腰痛
  9. ハイパーモビリティー

症例

2015年06月11日更新
ぎっくり腰の後の脚のしびれ(40代男性)
2014年04月21日更新
立っているときの腰痛(30代女性 学校教員)
2014年04月20日更新
仕事中に起こったぎっくり腰(40代男性 営業職)

さらに見る

  • キャンペーン情報:神戸六甲道カイロプラクティック
  • オンライン予約:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 患者さまの声:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 神戸六甲道カイロプラクティック公式Facebookページ

営業日

最新ニュース

インフォメーション

【住所】
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1
フォレスタ六甲105
℡ 078-200-4128

【営業時間】
10:00~20:00(最終受付19:30)
年中無休(土日・祝日も営業)
完全予約制

こんな症状の方に