棘上筋腱炎

棘上筋炎

棘上筋とは、上肢帯を支える筋肉のひとつで、肩のインナーマッスルのひとつです。
主な働きは、上腕を挙上させることです。この棘上筋はアウターマッスルである三角筋とともに肩関節を安定させる働きも持つ筋肉です。

この筋肉が炎症を起こしている状態を棘上筋腱炎といい、肩の痛みを起こします。
棘上筋は、上肢の挙上や大きな外転を伴う腕の動きをする度に、筋肉がの下で挟み込まれて上腕骨大結節と肩峰、機械的な圧迫を受けやすい筋肉です。

一度棘上筋炎になると、虚血および栄養が行き渡らない状態に陥りやすく、慢性化しやすい傾向にあります。棘上筋の炎症は、腱の断裂、インピンジメント症候群などの原因になる可能性がある筋肉の一つでもあります。

棘上筋腱炎の主な症状は、肩の痛み、肩をあげることができない、あげると痛い、肩に引っかかりのような感じがある、炎症期だと、安静にしていても痛みがある、などです。

肩関節周囲の症状

  1. 肩峰下滑液包炎
  2. インピンジメント症候群
  3. 五十肩・四十肩
  4. 野球肩
  5. 上腕二頭筋腱炎
  6. 回旋腱板の筋膜痛

症例

2015年06月02日更新
五十肩。上着を着るときの肩の痛み(50代女性)

さらに見る

  • キャンペーン情報:神戸六甲道カイロプラクティック
  • オンライン予約:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 患者さまの声:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 神戸六甲道カイロプラクティック公式Facebookページ

営業日

最新ニュース

インフォメーション

【住所】
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1
フォレスタ六甲105
℡ 078-200-4128

【営業時間】
10:00~20:00(最終受付19:30)
年中無休(土日・祝日も営業)
完全予約制

こんな症状の方に