片頭痛

片頭痛とは

片頭痛とは?

片頭痛は、脈に合わせてズキンズキンとした痛みが、頭の片側(ときに両側)に発作的に出る頭痛です。
さらに片頭痛がひどくなると頭全体に痛みが広がり、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。
片頭痛は女性に多く男性の約3倍、10~40代の比較的若い年齢層によく起こります。

片頭痛の特徴

片頭痛の特徴の1つは、頭痛の起こる前兆を訴える人が20~30%もいることです。
そこで片頭痛は「前兆をともなうもの」と「前兆を伴わないもの」の2種類に分けることができます。

 よく知られている「前兆」は、頭痛の起こる30分から数時間前に視野の欠損や目の前にギザギザと輝く光が現れ、視野の中心から片隅にかけて部分的に見えにくくなることです。これは閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれ、片頭痛の特徴的な前兆です。

片頭痛の原因

片頭痛は頭の血管が過度に拡張することが原因と考えられています。
頭の血管では、血液中のセロトニンという脳内物質の量が変化し、血管が異常に拡張するために頭痛が起こると考えます。この結果腫れや炎症を起こして頭痛が起こるのです。
 また、血管の周囲を取り巻き、顔面の知覚・咬筋(こうきん)の動きをつかさどる三叉(さんさ)神経が、ストレスなどの刺激を受けて血管を拡張する物質や刺激物質などを放出し、血管の過度な拡張と血管周囲の炎症が起こるという説もあります。

その他片頭痛の特徴

頭痛の頻度…頭痛の回数は月に1~2回から、多い場合は週に1~2回くらい繰り返して起こる。
痛み方…ズキンズキンまたはガンガンとした激しい痛みが脈拍と一致して続く。
痛の程度…体を少し動かすだけでも痛みが強くなり、つらくて寝込んでしまう。吐き気や嘔吐を伴うこともある。
悪化の要因…頭痛が始まると音や光に過敏になることが多く、明るい場所や騒音も痛みの悪化要因となる。入浴、運動、飲酒なども痛みを悪化させる。

カイロプラクティック治療

片頭痛は、血管の過剰な収縮や拡張によりおこってきます。この血管の運動には、自律神経が関与しています。カイロプラクティックは、この自律神経の働きを正常化することにより、頭痛の改善を促します。ただし、重度の痛みを持つ片頭痛の方は、病院の治療と伴にカイロプラクティックの治療を併用することをすすめています。

その他の頭痛

  1. 緊張性頭痛
  2. 頚椎原性頭痛
  3. 筋筋膜痛症候群
  4. 群発性頭痛

症例

2015年05月28日更新
首の付け根の重だるさ (50代男性)
2014年04月20日更新
頭を締め付けられるような重い頭痛(20代女性 会社員)
2014年04月18日更新
慢性的な肩こりと頭痛 (30代女性 システムエンジニア)

さらに見る

  • キャンペーン情報:神戸六甲道カイロプラクティック
  • オンライン予約:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 患者さまの声:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 神戸六甲道カイロプラクティック公式Facebookページ

営業日

最新ニュース

インフォメーション

【住所】
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1
フォレスタ六甲105
℡ 078-200-4128

【営業時間】
10:00~20:00(最終受付19:30)
年中無休(土日・祝日も営業)
完全予約制

こんな症状の方に