脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄

 背骨の中心には脊髄が通る穴があり、これを脊柱管と呼びます。
脊柱管狭窄とは、脊柱管内を狭くして馬尾という神経、神経根を圧迫あるいは締め付けることにより、下肢の痺れや歩行障害を起こす状態です。
脊柱管狭窄になると歩いたり立ったりしているときに、痛みやしびれが生じるという特徴的な症状が現れます。

脊柱管狭窄の原因には、先天的なものと、加齢による退行性変性や脊椎変性すべり症、変性側弯などによる後天性なものがあります。

脊柱管狭窄の症状は

歩行によって両下肢の痺れ、あるいは下肢痛が強くなるといった特徴があります。
歩行後の休息で症状は軽減します(間歇跛行)。
長時間立位や歩行時および腰椎伸展により発症または増強します。逆に身体を前にかがむと症状が弱まります。
脊柱管狭窄は、50代からみられます。

脊柱管狭窄の症状と性質

脊柱管狭窄においては、神経の障害部位によって症状の性質と部位が異なります。

1.馬尾障害:両側下肢の痺れ、殿部、会陰部など広範囲に灼熱感、絞扼感(こうやくかん)などの異常感覚が生じます。運動障害がいくつかの神経根レベルに現れます。間歇跛行が主な自覚症状で、腰痛はあまりありません。

2.神経根障害:一般に片側性の殿部痛や下肢痛が起こります。筋力低下等の運動障害を伴います。神経根領域に沿った片側性、時に両側性の神経障害が起こります。知覚、感覚、筋力低下などの運動障害が起こります。腰痛をともなうこともあります。

混合型:馬尾障害と神経根障害の両方の症状をも合わせ持つもので、両下肢の痺れと、下肢痛(神経根性の疼痛)を伴うものもあります。

一般的な脊柱管狭窄症の治療法:医療機関など脊柱管狭窄症における治療法です。
 神経根障害では一般的に薬物療法(NSAIDs、ビタミンB製剤)や神経ブロック注射(硬膜外ブロック、神経根ブロック)などの 保存的治療が選択されます
 馬尾障害では保存療法は無効とされています。

       

退行性変性が原因の脊柱管狭窄症は観血的治療が適用されます。通常いきなり手術という選択が取られることは少なく、まず保存療法から行われるようです。

手術を望まない人、症状の軽い人には、薬物療法(ビタミンB製剤、抹消循環改善剤)

 

観血的治療(手術)
  圧迫された馬尾や神経根の除圧のため、椎弓骨切術という脊骨の両側に窓をあけるような手術が行われます。

カイロプラクティックによる脊柱管狭窄症の治療

近年脊柱管狭窄に対するアプローチは必ずしも観血的治療を第一の選択としない傾向にあります。手術後のQOLと保存療法によるアプローチを比較したとき、必ずしも観血的治療が優位であるという結果とならない事がわかってきました。

QOLを重視した結果、短期的なキュアという取り組みから長期的なケアという発想で保存療法が重視されてきています。

ある一定期間の保存療法を試みて、症状の回復がみられない場合、観血的なアプローローチを選択されるのも一つの方法ではないか考えられます。

馬尾症状を呈している場合には、カイロプラクティックのアジャストメントと呼ばれる方法で調整を行うことはいたしません。

重度の症状を伴うケースや進行性の神経症状を伴うケースでは、専門機関への紹介をさせていただくこともあります。

腰の痛み・周辺の症状

  1. ぎっくり腰
  2. 椎間板ヘルニア
  3. 脊椎分離症/脊椎すべり症
  4. 慢性腰痛症
  5. 椎間関節症候群
  6. 変形性腰椎症
  7. 腰部コンパートメント症候群
  8. 仙腸関節性の腰痛
  9. ハイパーモビリティー

症例

2015年06月11日更新
ぎっくり腰の後の脚のしびれ(40代男性)
2014年04月21日更新
立っているときの腰痛(30代女性 学校教員)
2014年04月20日更新
仕事中に起こったぎっくり腰(40代男性 営業職)

さらに見る

  • キャンペーン情報:神戸六甲道カイロプラクティック
  • オンライン予約:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 患者さまの声:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 神戸六甲道カイロプラクティック公式Facebookページ

営業日

最新ニュース

インフォメーション

【住所】
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1
フォレスタ六甲105
℡ 078-200-4128

【営業時間】
10:00~20:00(最終受付19:30)
年中無休(土日・祝日も営業)
完全予約制

こんな症状の方に