頚椎ヘルニア

頚椎ヘルニア

頸椎は背骨のうちで首の部分を構成する骨で、7つの椎骨からなります。第2~7頸椎までは、それぞれの間に椎間板が挟まっています。椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのようなはたらきをします。
 その構造は、中心部に髄核と呼ばれるゼリー状の物質があり、それを取り囲むように線維輪と呼ばれる丈夫な組織があります。線維輪はバネのはたらきをしています。
頚椎の椎間板は頚椎全長の25%以上を占めており、頚部に起こるしなやかで自由な運動を可能にするのを助ける役目をしています。
 頸椎椎間板ヘルニアは、この椎間板の線維輪に亀裂が入り、そのなかの髄核が飛び出して神経(脊髄や神経根)を圧迫し、さまざまな神経症状が現れます。

椎間板ヘルニアの原因

椎間板のヘルニアの原因は,椎間板の年齢的な変化(変性)が基盤にありますが、それに頸椎への運動負荷が加わることによって起こります。このために頸椎椎間板の変性がある程度すすみ、なおかつ頸椎への運動負荷の多い年代、すなわち30~50代が好発年齢になります。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアによって神経が圧迫されると、手足の痛みやしびれなどのさまざまな症状が出てきます。代表的な症状は首の痛みやこりです。午前中は比較的症状が軽くても、午後から夕方になるにつれて症状が強くなるのが特徴です。
神経根が圧迫されると、主に後頸部から肩、手指にかけての疼痛が現れます。この疼痛は、頸部を反らすようにすると強まるのが特徴で、これは神経根の圧迫がますます増強されるためです。

腕の痛み・しびれの症状

  1. 変形性頚椎症
  2. 胸郭出口症候群
  3. 斜角筋症候群
  4. 円回内筋症候群

症例

2015年06月03日更新
頚椎症といわれた首や腕の痛み(40代男性)
2014年04月21日更新
左腕への痺れ伴う首の張り(30代女性)

さらに見る

  • キャンペーン情報:神戸六甲道カイロプラクティック
  • オンライン予約:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 患者さまの声:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 神戸六甲道カイロプラクティック公式Facebookページ

営業日

最新ニュース

インフォメーション

【住所】
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1
フォレスタ六甲105
℡ 078-200-4128

【営業時間】
10:00~20:00(最終受付19:30)
年中無休(土日・祝日も営業)
完全予約制

こんな症状の方に