顎の痛み・顎関節症

顎関節症とは

頭痛や肩凝りとともに、顎が開きにくい、顎に痛みやこわばりがある、口を開けると顎が鳴るというお悩みをご相談される患者様がいらっしゃいます。

顎関節症の症状

  1. 顎に痛みがある
  2. 口が大きく開かない
  3. 開口、閉口時に音が鳴る
  4. 動きが非対称といったものがあります

などが主な症状として挙げられます。

顎関節症の原因

顎の関節は、耳の穴の前方約1センチのところにある側頭骨(頭の骨)のくぼみと下顎の突起により構成されています。あごの関節は、ちょうつがいのように働いてあごを開けたり閉めたりしています。この関節がずれてちょうつがい部分のスペースがきつくなると、あごを開閉したときに音がします。
 またあごの関節を動かす筋肉は首や肩とつながっているため、負担がかかりすぎると、顔や首、肩の回りの筋肉などにも負担がかかります。
あごの関節は身体の中で唯一左右にまたがって存在する関節であり、左右の関節が一対となって協調して動くことにより機能しています。このため顎を動かす筋肉バランスや噛み合わせの不調、頚椎の動きなどにより、左右の動きの協調性が失われバランスが崩れたりすると、大きな負担がかかり、顎関節症を引き起こす原因となります。

顎のバランスを崩す原因

・頬づえをつく癖や食べ物を片方で噛む癖など悪い癖がある
・無意識に歯を食いしばってしまう
・イライラしやすい
・片方の歯に虫歯がある
・猫背(ねこ背)などの不良姿勢
・うつ伏せやや歯ぎしりが多い
など他にもたくさんな原因があります。

その他顎関節症の原因は、精神的ストレス、あごに過剰な負担をかける食いしばりなどのクセ、かみ合わせの異常やあごの損傷などさまざまで、これらが積み重なって許容限度をこえたときに起こると考えられています。

顎関節症は頭痛、首や肩の凝り、目や耳の奥の痛み、耳閉感、かむ位置が不安定になるなどの症状や、さらには全身的な脱力感、集中力の低下、食欲の減退、疲れやすくなる、胃腸の不調、姿勢が悪くなる、情緒不安定など実に様々な症状を引き起こすことがあります。
これらの問題に対しは歯科や口腔外科に来院した場合、保存療法としてマウスピース(スプリント)を装着する方法が多いようです。関節や筋肉などに過度の負荷がかかるのを防いだりするのが一般的な様です。

カイロプラクティックでの施術

カイロプラクティックでは顎関節および頚椎の矯正・顎の働きに関連する筋肉の調整を尾行っていき、顎の働きを改善させる施術を作っていきます。
頸椎や顎関節、筋肉の状態、頭部を支えるバランスが改善されていくことで、多くのケースで顎の痛みも改善されています。

顎関節への直接的な施術は行わないため、安全性の高い施術方法になります。

症例

2014年04月25日更新
顎のこわばり(30代女性 事務職)
2014年04月15日更新
口を大きく開けることができない  (20代女性 デスクワーク)

さらに見る

  • キャンペーン情報:神戸六甲道カイロプラクティック
  • オンライン予約:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 患者さまの声:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 紹介先の病院:神戸六甲道カイロプラクティック
  • 神戸六甲道カイロプラクティック公式Facebookページ

営業日

最新ニュース

インフォメーション

【住所】
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1
フォレスタ六甲105
℡ 078-200-4128

【営業時間】
10:00~20:00(最終受付19:30)
年中無休(土日・祝日も営業)
完全予約制

こんな症状の方に