症例報告

左腕への痺れ伴う首の張り(30代女性)

カテゴリ:腕の痛み・しびれ

肩凝りは以前からあったが1か月前ぐらいから左の肩から首のあたりの張りが強くなり、徐々に左腕への痺れが出てきた。特に思い当たる原因はない。マッサージへはよく通っているが、一時的には少し楽になるがすぐに戻ってしまう。

<来院時の症状の状態>

・首部の右側屈の可動域が減少
・右側屈時に左頸肩部に張り
・左首前面の筋肉(斜角筋・胸鎖乳突筋)の緊張
・左肩甲挙筋の緊張
・頭部が前方へシフトしており猫背姿勢である。

<施術の経過>

一回目の施術
左前頸部の筋肉の緊張を緩和させ、肩を挙上する筋肉の緊張と張りを緩和させる操作とストレッチを行った。頚椎から胸椎にかけて移行する負担のかかった部分を矯正した。

二回目(1週間後)
痺れは軽減したが、何気ない動作で左腕の違和感や痺れが出ることがある。
前回同様に治療を行い、肩甲骨の動きを高める治療を重点的に行った。

三回目(1週間後)
以前のような張り感は解消し、痺れもなくなった。
経過順調であり、自宅で首・肩周りのストレッチを指導した。

コメント

この患者さんの場合、習慣となった悪い姿勢により肩が上がり頭部が前に突き出した姿勢となっていました。首前面の胸鎖乳突筋や斜角筋という筋肉はどちらも緊張を起こしやすい筋肉です。頭位が前方に変異した姿勢により負担がかかりやすく筋肉の緊張や短縮を起こします。
前面の斜角筋という筋肉の緊張が増大して、その下を通る首から腕へ流れる神経を圧迫してしびれを発症したと考えられます。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2014年04月21日更新   カテゴリ : 腕の痛み・しびれ 


腕の痛み・しびれに関連する症状