症例報告

頚椎症といわれた首や腕の痛み(40代男性)

カテゴリ:腕の痛み・しびれ

3ヶ月前から右手が痺れる。最初は首の後ろから肩にかけて強く凝るような感じがあり、だんだん手に痺れがでるようになった。整形外科では骨と骨の間が狭くなっているので神経が圧迫され手に痺れがでている、頚椎症だと言われた。最近は腕が痛だるい感じが続き手には常に痺れ感がある。調子がわるいときにはお箸を使うのもだるい感じがする。

来院時の状態

・感覚の左右差はなかった
・首を反らすと右肩から手にかけてしびれが出る
・頚椎を圧迫すると手のしびれが増強
・首回り、肩周りの筋肉の緊張が高い
・右肩関節の可動域の減少

施術の経過

頚椎が狭くなっていることによる神経の圧迫と肩周囲の筋肉からの関連痛による可能性が強いと考え治療した。
初回 腕への関連痛が出ている筋肉を緩め、肩関節の動きをつけていった。頸椎の矯正を行い首の関節を開くように施術した。
2回目 腕の痛いだるさは全くなくなった。しびれはやや改善。継続して治療した。
3回目 首の可動域が良くなり上を向きやすい。
4回目(1週間後)。真上を向いたとき若干手へのしびれを誘発。
5回目(1週間後)。自覚的には症状はなし。肩関節の可動域も改善。
自覚的には症状がほぼない状態まで改善した。1か月の1回ぐらいの間隔でメンテナンスを希望されている。

コメント

頚椎症といわれ来院される方の多くは痺れだけでなく首や肩の凝り、腕のだるさや痛みを訴えられます。発症直後は頚椎部での神経の圧迫だけだったものが時間が経つにつれ、圧迫された神経の末端にある筋肉がこわばり更に筋膜痛などを起こし腕のだるさや痛みへと変化していきます。カイロプラクティックは頚椎を広げて圧迫された神経を除圧するテクニックを用いて神経と筋の状態を改善させていきます。手のしびれ、腕の痛みは改善できる症状です。痺れでお悩みの方はお問い合わせください。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2015年06月03日更新   カテゴリ : 腕の痛み・しびれ 


腕の痛み・しびれに関連する症状