症例報告

トリガーポイント療法

カテゴリ:関連記事

トリガーポイント療法は、もともとは西洋医学の考え方による治療法です。第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディの主治医で女医のジャケット・トラベルという人が提唱しました。

トリガーポイントとは、骨格筋や筋筋膜の緊張が亢進している線維束内で過敏になっている部位でおこります。トリガーポイントによってパターン的に関連痛がおこったり、関連する一連の筋肉に筋緊張がおこったり、自律神経にも影響を及ぼすことがあります。

トリガーポイント(Trigger Point)は、引き金点という意味です。例えば、肩にトリガーポイントが出来て手が痺れがでたり、痛ただいる感じが出る場合があります。このようなケースでは場合、トリガーポイントを押すと手の痺れや痛みを誘発できるケースがよくあります。

トリガーポイントは今日では一般的な治療法で、カイロプラクティックでも鍼灸でもごく一般的に対処する治療となっています。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2017年04月11日更新   カテゴリ : 関連記事 


関連記事に関連する症状