症例報告

関連記事

斜角筋と手のしびれ

斜角筋には①前斜角筋(m.scalenus anterior) ②中斜角筋(m.scalenus medius)③後斜角筋(m.scalenus posterior)があります。 これらの筋は頚椎の横突起から起こり、下後方に向かって第1と第2の肋骨に付く。胸部の肋間筋と同系の筋群である。前斜角筋と【続きを読む】

2014年08月27日更新   カテゴリ : 関連記事 


前斜角筋症候群

前斜角筋症候群、上肢のしびれ、冷感が起こる原理をご紹介します。 前斜角筋症候群は胸郭出口症候群の原因の一つですが前・中斜角筋と第1肋骨の間で 腕神経叢と鎖骨下動静脈が圧迫されることがあり、特徴的な血管神経症候群を引き起こします。3つすべての斜角筋は、頚椎の横突起から始まり、第1・2肋骨に停止【続きを読む】

2014年06月26日更新   カテゴリ : 未分類, 関連記事 


肋鎖症候群

肋鎖症候群、上肢のしびれ、冷感が起こる原理をご紹介します。 肋鎖症候群は胸郭出口症候群の原因の一つですが、鎖骨と第一肋骨の間で 腕神経叢や動静脈が圧迫された結果起こります。 肋鎖症候群は、鎖骨下動脈・静脈、腕神経叢が鎖骨と第一肋骨の間で圧迫されて起こります。肋鎖症候群は斜角筋症候群と比【続きを読む】

2014年06月25日更新   カテゴリ : 関連記事 


過剰外転症候群

過剰外転症候群、上肢のしびれ、冷感が起こる原理をご紹介します。 過剰外転症候群は胸郭出口症候群の原因の一つですが、胸部の軟部組織によって腕神経叢や動静脈が圧迫された結果起こります。 上肢の持続的または反復的な過外転により神経血管束は、腋窩で小胸筋腱と烏口突起の間で引っ張られ結果として神経血管圧迫【続きを読む】

2014年06月25日更新   カテゴリ : 関連記事 


1 / 11