症例報告

関連記事

後頭部の筋と頭痛

後頭部の筋肉は後頭下筋群と呼ばれます。 後頭下筋 subcoccipitails 後頭下筋は頭蓋骨の下方で深部にある小さな筋肉です。 後頭下筋には、上頭斜筋、下頭斜筋、大後頭直筋、小後頭直筋の4筋があります。 後頭部の筋肉は、しばしば他の後頚筋とともに頭痛を引き起こします。 付【続きを読む】

2014年09月05日更新   カテゴリ : 関連記事 


首のこりと板状筋

●頭板状筋、頚板状筋 板状筋 splenius 板状筋は固有背筋の中では比較的浅層にあります。首の部分で僧帽筋の下にあり、背側から見ると板状の形をしているので板状筋と呼ばれます。  頭板状筋と頚板状筋は、頭をそらせるような働きをします。1対の筋肉のうち片側だけが働くと首の側屈に関与します。【続きを読む】

2014年09月05日更新   カテゴリ : 関連記事 


緊張性頭痛と半棘筋

●頭半棘筋、頚半棘筋、頭最長筋 半棘筋 semispinalis 半棘筋は頭蓋の重みを後方に引いてバランスをとっている筋です。頭部、頸部においてより発達しており、緊張状態にあると頭痛の原因になる筋肉です。 頭部と頸部の半棘筋は脊柱を伸展させ、頸部の前に凸の弯曲を作るように働きます。 付着 【続きを読む】

2014年09月04日更新   カテゴリ : 関連記事 


耳の下の痛みと頭痛

頭痛を訴える人の中には、耳の下の痛みを同時に訴える人もいます。 胸鎖乳突筋は胸骨の上端と鎖骨の内側から起こり、側頚部を斜に上後方に上って乳様突起に付く大きな二頭筋です。両方同時に動くときは、後頭部を前方に引いて顎を突き出すような働きをします。片側だけが働くときは、顔面を斜め上方に向けます。筋緊張性【続きを読む】

2014年08月26日更新   カテゴリ : 関連記事 


顔の筋肉と目の上の痛み

顔面の筋肉は一般に小さい皮筋です。頭蓋から起こって顔面の皮膚につき、これを動かして表情を作ります。顔面の筋肉はおもに眼瞼列・耳介・鼻孔・口裂など顔面に開く窓の周囲に集まって、その開閉や変形を行うが、なかでも口裂周囲の筋群が最も発達しています。 顔面の筋肉は、すべて顔面神経の支配を受ける。顔面神経麻【続きを読む】

2014年08月23日更新   カテゴリ : 関連記事 


頭部の筋と頭痛

頭蓋冠を包む薄板状の筋群を頭蓋表筋いいます。 頭蓋表筋のうち、帽状腱膜という幅の広い薄い腱となって頭頂部をおおい、その先に 筋性となって前頭筋をなし、眉の皮膚についています。前頭筋は眼輪筋とも部分的につながっています。通常、前頭筋と眼輪筋の緊張は頭痛の一因であると考えられています。 ●前頭筋 【続きを読む】

2014年08月22日更新   カテゴリ : 関連記事 


1 / 11