症例報告

上および下橈尺関節

カテゴリ:関連記事

前腕の関節、上および下橈尺関節の構造と働き、運動を紹介します。

○上橈尺関節proximal radioulnar joint は、尺骨の橈骨切痕のなかで回旋する橈骨頭の関節環状面により構成され、肘関節と同一の関節包内にあります。橈骨環状靭帯は、橈骨頭を取り囲み、それと尺骨の橈骨切痕とのあいだの接触を維持している強靭な関節包外の靭帯です。
○下橈尺関節distal radioulnar joint は,橈骨の遠位端の尺骨頭とのあいだの車軸関節です。

橈尺関節を運動させる筋肉は以下の通りです。
回内:円回内筋、方形回内筋
回外:回外筋、上腕二頭筋

円回内筋 pronator teres muscleは前腕の前面の上1/3に斜めに位置しています。この筋は上腕骨内側上顆および尺骨鈎状突起から起こり、前腕を斜めに横切って走行し、橈骨体の外側面に停止します。この筋は橈尺関節を回旋させ、手の位置を解剖学的肢位から書字のときの肢位に変化させる、すなわち回内させます。正中神経の支配を受けます。

回外筋 spinator muscle は前腕のうしろおよび外側面の斜めに位置しています。この筋の筋線維は上腕骨外側上顆および尺骨上部より起こり、橈骨の上1/3の外側面に停止します。この筋は橈尺関節を回旋して、手の位置を書字の肢位から解剖学的肢位へと変化させます、すなわち回外です。この筋は橈骨神経の支配を受けます。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2014年06月24日更新   カテゴリ : 関連記事 


関連記事に関連する症状