症例報告

耳の下の痛みと頭痛

カテゴリ:関連記事

頭痛を訴える人の中には、耳の下の痛みを同時に訴える人もいます。
胸鎖乳突筋は胸骨の上端と鎖骨の内側から起こり、側頚部を斜に上後方に上って乳様突起に付く大きな二頭筋です。両方同時に動くときは、後頭部を前方に引いて顎を突き出すような働きをします。片側だけが働くときは、顔面を斜め上方に向けます。筋緊張性頭痛は胸鎖乳突筋を詳しく検査する必要があります。

胸鎖乳突筋は肩甲帯の傾きを代償することから、姿勢保持にも一役買っています。

付着
・起始:胸骨頭は胸骨柄の前面。鎖骨頭は鎖骨前面の内側3分の1
・停止:後頭骨の乳様突起の外側と上項線の外側半分

触診
患者に背臥位をとらせる。頭を待ち上げ回旋させると、浮き出るのが胸鎖乳突筋である。乳様突起から胸骨頭にかけて触診可能。鎖骨頭は胸骨頭ほど顕著ではないが、乳様突起から鎖骨後方の付着部にかけて触診可能である

作用
両側が働くと:
・頭と頚を安定させる
・頚の過伸展と頭の後方への動き(むち打ち損傷)を阻止する
・頚を屈曲させる
・嘸下や呼吸にも関係する

片側だけ働くと:
・反対側に顔を回旋させる
・顔を上に向ける
・僧帽筋とともに、頭や頚を横に向かせる

関連痛領域
・胸骨頭:後頭部、目の上の弓、頭頂頬、顎および顎の下
・鎖骨頭:耳および耳の後方、前頭部

●広頚筋

胸鎖乳突筋と平行しており、トリガーポイントも胸鎖乳突筋と一緒に現れやすい。

付着
・起始:胸上部の浅筋膜
・停止:口角、目角部の顔面筋、下顎骨の下縁

触診
広頚筋の触診はほぼ不可能だが、下顎中央付近の頚縁に筋肉の端を触診できることもある

作用
・口角を下に、胸部の皮膚を上に引っ張る
・恐怖時などに、頚部の皮膚を緊張させる

関連痛領域
胸鎖乳突筋(頚部前面)。胸部上部に鋭い痛みを引き起こす場合もある

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2014年08月26日更新   カテゴリ : 関連記事 


関連記事に関連する症状