症例報告

歩くと膝が痛い(30代女性 主婦)

カテゴリ:膝の痛み

歩行時に左の前面に痛みを感じる。膝の痛みにより長時間外を歩くことが出来ない。整形外科に行ったがレントゲンでは膝に問題がないと言われた。

<来院時の症状>

・膝蓋骨内側縁(膝のお皿の内側)に圧痛
・内側広筋の緊張
・左の骨盤(仙腸関節)の可動域に制限

<施術の経過>

膝の痛みの原因は、内側広筋(膝の内側の筋肉)の働きの低下により膝蓋骨の安定性が損なわれてしまったことから生じているものと考え施術を行った。

初回
内側広筋の働きを改善し、膝蓋骨と大腿骨の間の機能を取り戻す治療を行い、左の骨盤に対して可動域を改善させるカイロプラクティック・ケアを行った。

2回目
施術後はすっかり膝の痛みが解消された。

コメント

膝は関節の内側の組織の働きが悪くなることにより痛みが生じやすい部位です。

今回の原因となっていた内側広筋は膝関節を安定させる働きや膝を伸ばす働きがあります。
今回のように関節の動きや筋肉の働きが悪くなることにより生じる痛みはカイロプラクティックが得意とするところです。

膝の痛みでお困りの方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2014年04月23日更新   カテゴリ : 膝の痛み 


膝の痛みに関連する症状