症例報告

鵞足滑液包炎(60代男性)

カテゴリ:膝の痛み

2か月前から左膝が痛む。安静にしていると痛みはないが膝を曲げたり伸ばしたりすると膝の内側あたりが激しく痛む。1か月ほど前に整形外科に行きレントゲンをとってもらったが骨に異常はないといわれ具体的は診断もなかった。その後も痛みは続きひどく痛むときにペイン注射を打ちにいき一日だけ楽になった。最近はびっこを引いている。歩き始めがものすごく痛いが少し歩くと膝の痛みは少しだけましになる。

来院時の症状

・痛みのため下肢の運びがおかしく歩行異常をきたしている(左膝をかばうためのびっこ)
・膝関節の可動域のテストを試みたが、痛みのために力を抜くことができない。
・膝関節の内側に収縮時痛
・鵞足に圧痛

施術の経過

鵞足の滑液包の炎症と考え治療を行った。
初回
膝の滑液包の治療を行った。長い間固まっていた膝関節の動きをつける治療も行った。治療後膝の痛みは激減し、びっこはほぼ解消した。
2回目(2日後)
膝の痛みは治療した日はなくなっていたが、次の日の朝寝床から起き上がるときに膝の内側に痛みを感じ、しばらく動いていると痛みがなくなったということだった。
同様の治療を行なった。

3回目(2日後)
夜中の寝返り中に膝を伸ばす際に痛みを感じたが、朝になるとそれほどでもなかったということだった。

4回目
治療後丸2日間膝に痛みを感じることはなかったということだった。
膝関節と身体全体のバランスを整えて治療は終了した。

コメント

膝の関節の脛の骨の内側には縫工筋、薄筋、半腱様筋という3つの筋肉が付いている部分
があります。鵞鳥の足の形に似ていることからここを鵞足(がそく)といいます。鵞足には滑液包という滑液で満たされた小さな滑膜の袋があり、滑液包は腱や骨などの組織同士の摩擦を低減する役割をはたしています。今回はこの滑液包が刺激により炎症を起こしていました。
鵞足に付着する縫工筋、薄筋、半腱様筋という3つの筋肉は、2つの関節をまたぐ筋肉なので大腿部が硬いまま膝を深く曲げ伸ばしをする動作を繰り返し行うと筋疲労を起こし腱の付着部に柔軟性がなくなって鵞鳥炎が起こりやすくなります。
意外と見つけてもらえない膝の痛みの一つに“鵞足炎”があります。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2015年05月30日更新   カテゴリ : 膝の痛み 


膝の痛みに関連する症状