症例報告

仕事中に起こったぎっくり腰(40代男性 営業職)

カテゴリ:腰痛

腰から骨盤のあたりにかけて重鈍い痛みがある。昨日の昼デスクワークをしているときに始まり、その後徐々にひどくなってきている。痛みのために体を後ろに反らすことができない。座っているのが辛い。仕事が繁忙期のため今夜中まで仕事をする日が続き、睡眠時間が短く疲れが溜まっていた。

<来院時の症状>

・痛みで腰を伸ばしことができない
・横向けて寝ていると痛みが和らぐ

<施術の経過>

初回
背骨と骨盤の関節に対して可動域を改善させる治療を行い、傷めている脊柱起立筋を緩めるようなケアを施しました。

2日目(翌日)
痛みはほとんど解消しており、身体をひねったり、腰を伸ばす動作でも痛みが少なくなっているということでした。
前日同様背骨の関節と脊柱起立筋に対するアプローチを行った。

3日目(3日後)
腰部の痛みはほぼ無くなったということだった。
本人の希望により、全身のバランスを整えてぎっくり腰を予防するためにカイロプラクティックケアを行った。

<コメント>


痛みは腰部の脊柱起立筋という背骨を支えている中心部の筋肉が痛んでいることが原因でした。長時間のデスクワークによる疲労の蓄積が原因となり、起立筋に負担をかけ過ぎたために生じたものでした。ぎっくり腰のような突然の痛みの背景には、腰部に対する負担だけでなく日常の身体の使い方や過度の全身疲労や精神的なストレスなど複数の要因が合わさって起こると考えられます。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2014年04月20日更新   カテゴリ : 腰痛 


腰痛に関連する症状