症例報告

長距離運転により発症した腰痛(40代男性 デスクワーク)

カテゴリ:腰痛

起床時に腰が痛く、腰をかばってゆっくりとしか起き上がることが出来なかった。もともと腰痛持ちであったが、最近仕事が忙しく生活や仕事に支障が出るほど強い腰痛が起きてしまった。どうにかしようと思ってカイロプラクティックに来た。

<来院時の症状>

・フラットバック姿勢。
・立位で身体を前屈したり、後ろに反らす動作で腰の痛みが強くなる。
・腰背部の筋肉の強い緊張により股関節の動きが制限される
・腸腰筋の短縮。
・右の骨盤部(仙腸関節)の動きの制限が強い。
・左右股関節の可動域低下

<施術後の経過>

初回
緊張している腰背部の筋肉に対する緩和操作、ハムストリングスに対するストレッチ。その後腸腰筋の短縮を改善するための施術。腸腰筋付着部である腰椎の2番の矯正。
施術直後腰部の筋肉が緩み身体のバランスも整ったため、腰が動きやすくなったことを実感して頂けました。次の日の朝は腰痛を感じることなく起床できたそうです。

2回目
同様に腰部に対する治療、腸腰筋の短縮を改善を促す治療を行いストレッチの仕方などを指導。

3回目
腰部を中心にフルスパインでケアをさせて頂き、腰が安定して機能する状態まで回復しました。

コメント

今回のケースでは、腸腰筋の短縮が腰痛の原因だったようです。
もともと身体の固いタイプの方で股関節の可動域の低下や太ももの筋肉の緊張により、腰部に負担をかけやすい状態になっているものと思われます。

筋肉の短縮とは、筋線維が短くなった状態の事を言います。これは長い期間筋肉の働きがない状態が続いたり、緊張した状態が続く事により起こります。長時間同じ姿勢座っているデスクワークの方や長距離運転の方で運動不足の方は注意が必要です。日頃からストレッチで腰痛や背部痛を防止できるケースがあります。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2014年04月14日更新   カテゴリ : 腰痛 


腰痛に関連する症状