症例報告

長時間のパソコン作業で出る腰痛(30代男性 システムエンジニア)

カテゴリ:腰痛

仕事柄一日に12時間から13時間パソコンに向かって作業する。作業時間が長くなると腰痛がでる。腰痛は慢性的でいつから始まったのかも覚えてないくらい。痛みの場所はお尻より上の辺り。肋骨の下あたりから帯状に横に広い範囲が痛みがある。

<来院時の症状>

・第4腰椎と第5腰痛の間の関節の可動域の更新
・第12胸椎と第1腰椎の関節(胸腰移行)の可動域の低下
・臀部の筋肉の緊張
・腰方形筋の過緊張
・座位姿勢で後湾過多(猫背)

<施術後の経過>

初回は腰部と臀部の筋肉の緩和操作とストレッチ。
腰椎の可動域を改善させるためアジャスト(矯正)を行った。
デスクワーク時の座り方をアドバイス

2回目(7日後)
施術後3-4日は楽な日があったが、仕事で長時間座わると時に腰部が緊張がちになる。
継続して腰部、臀部の調整を行った。

3回目(7日後)
腰部の広い範囲の痛みが軽減傾向にある。腰の深部の痛みは消失。
継続して腰部周囲の筋肉と関節の調整を行った。

<コメント>

この方の腰痛は慢性的な腰痛でした。
長時間のパソコン仕事と間違った姿勢によって、腰部の関節の動きが亢進しすぎていたことが腰痛の原因だったようです。腰部をしっかり治療を行った上で筋力の柔軟性をアップをしながら腰痛防止のエクササイザを行っていただいた事が早期の改善につながりました。
最終的に正しい姿勢を身につけていただいたことが腰痛の予防にもなり、体が楽になったということでした。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2014年04月13日更新   カテゴリ : 腰痛 


腰痛に関連する症状