症例報告

ヘルニアと脊柱管狭窄症狭窄症

カテゴリ:関連記事

腰痛の種類を見てみると、原因を特定できる「特異的腰痛」と、特定できない「非特異的腰痛」とに大きく分けられます。
ではここで特異的腰痛のなかで比較的発生比率が高い、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症についてご紹介します。

○椎間板ヘルニア
背骨の腰椎と腰椎の間には、クッションの役割を果たしている椎間板(ついかんばん)があります。その椎間板は、外側にある線維輪(せんいりん)と中心にある髄核(ずいかく)とで構成されています。
腰の姿勢がかわると椎間板の内部で髄核が微妙に動いて内圧を一定に保っています。ところが椎間板が老化して亀裂が入ってくると無理な動作をしたときに、線維輪と髄核がいっしょに外側に膨隆(局部的にふくらむこと)したり、線維輪に生じた亀裂から髄核が飛び出したりします。これにより、神経が圧迫されて激しい痛みやしびれ、神経のマヒなどが生じると考えられています。

○脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
腰椎の中心には穴があり、つながって管のようになっているので脊柱菅と呼ばれています。その中を脊髄や馬尾という神経の束が通っています。何らかの原因で脊柱管が狭くなると、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されるようになります。これによって、腰痛や下肢の痛み、しびれなどが起こるのです。長く歩くと下肢の痛みが強くなって歩けなくなるけれど、少し休むとすぐに回復する「間欠性跛行」が特徴です。脊柱管が狭くなる原因としては、骨の変形や、後方にある黄色靭帯の肥厚、椎間板の膨隆などがあります。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2014年06月27日更新   カテゴリ : 関連記事 


関連記事に関連する症状