症例報告

急な痛みの処置

カテゴリ:関連記事

肩、腰などの痛みは、少しずつ痛んでくることもあれば、ある日突然痛み出すこともあります。
急な痛みの場合には、まずは応急処置で痛みを和らげる必要があります。

応急処置には温めることと冷やすことがありますが、いずれも血行をよくすることが目的です。家庭にある日用品を使ってできる処置を紹介しましょう。

アイシングは運動時の負傷の防止や筋肉の疲労蓄積の軽減、止血などを目的に行います

氷、コールドパック、冷湿布、コールドスプレーなどを用います。
患部が熱をもっていると感じたら、約15分を目安に冷やす。。
緊急の場合は、製氷器で作った氷をビニール袋などに入れ、タオルで包んで患部に当ててもよいです。

温める(温熱療法)
温めることにより、血管が拡張し、血行がよくなります。温められた部分の血行がよくなるので、酸素や栄養素が増加し、新陳代謝が活発になります。

使い捨てカイロも便利で効果的です。ただし低温火傷の危険があるので、タオルなどで包んで行うと良いでしょう。

ドライヤーを利用する
朝起きて腰が重いなどの慢性腰痛がある方が何気に行っています。同様に血行を活発にし、多くの老廃物を運び去り、新陳代謝を活発にします。ドライヤーは温度が高いので5分ほど当てるだけで十分です。少しずつ距離を近づけ、熱さを感じ始めたら、ドライヤーを離すようにしましょう。

蒸しタオル
湿気があるほうが皮膚に熱が浸透しやすいため、蒸しタオルで温めると効果が増します。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2014年05月16日更新   カテゴリ : 関連記事 


関連記事に関連する症状