症例報告

腰痛と生活習慣

カテゴリ:関連記事

日常生活の中であまり意識をすることのない生活習慣ですが、ちょっとした動作や自分でも気づかない姿勢のクセが肩こりや腰痛を引き起こす原因になっていることがあります。


 

長時間のデスクワークやパソコン作業をしていると、いつの間にか肩や首が凝ったり、腰が重くなるというのは、目常的に経験しがちなことではないでしょうか。これは同じ姿勢を長く続けることによって、特定の筋肉に持続的な緊張を強いられて、筋肉が疲労するために起こる現象です。


肩のこり、腰痛など慢性的な痛みは、たいていの場合正しい姿勢と無理のない動作を心掛けることで予防できます。まずは、ふだんの生活習慣を細かく見直すことからスタートしてみましょう。

改善すべき点をチェックしてみましょう。


<こんな生活習慣の方は要注意>
□✗ 1、座るとき、脚を組むクセがある
□✗ 2、電話をするとき、受話器を肩とあごの間にはさむ
□✗ 3、食事するとき片噛み癖がある
□✗ 4、うつぶせになって寝る
□✗ 5、片肘をついてテレビを見るクセがある
□✗ 6、新聞や雑誌を床に置きあぐらをかいて読む
□✗ 7、前かがみで運転しているクセがある
□✗ 8、バッグを片方の肩に(右または左の肩)ばかりかける癖がある

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2014年05月15日更新   カテゴリ : 関連記事 


関連記事に関連する症状