症例報告

ボルダリングの首の痛み(30代 男性)

カテゴリ:肩こり・首の痛み

3日間前から右の肩首に強い痛みが出始めた。昨日から首を動かすことが出来ない寝違えのような状態になっている。痛みが出たのはボルダリングにいって壁を登った次の日からだった。 当日は激しめの動きが出来た。ボルタリング自体はすごく久しぶりだった。翌日の朝から少し動くと首が痛むような状態が続き、徐々に痛みが強くなってきた。しばらく休んでいたら改善するかもしれないと思っていたが、今日は首を動かすこともできないのでカイロに来た。

来院時の症状

胸を開くような状態で、顎を引く動作をすると痛みがでる。
・上を見る動作、右を向く動作はほとんどできない
・右の肩甲骨とを結ぶ肩甲挙筋の過緊張と圧痛がみられた
・上部胸椎レベルの右棘筋の緊張

<施術の経過>

右の首の筋肉と肩の深部の筋肉が異常に硬縮している状態だと考え治療した。
初回は、右の肩と首を結ぶ筋肉、首の板状筋などの深部の筋肉の緩和操作をおこなった。その後肩甲骨に動きをつける治療を行い再度首の可動域の変化を確認した。

首のこわばりが緩んできていたのを確認して、下部頚椎と上部胸椎の矯正をおこなった。
治療後は右を向く動作が7割くらい改善。上を見る動作も6割ぐらい改善した

2回目(翌日)。昨日より深く動かすと首に痛みがあるが、状態はよい。右に倒す、上向く動作はだいぶ改善しているが、上を向く動作で少し痛みがあるのでそこを重点的にアプローチした。治療後は上を向く動作がだいぶ行くようにまで改善した。
3回目(2日後)。首を動かした痛みはない。右肩まわりの緊張も完解していた。
ストレッチをお伝えして、治療を終了した。

コメント

今回の首肩の痛みは、首を反らして壁を登るなどの動作で脊柱周りの小さな筋肉や肩首の深部の筋肉に過剰な負荷をかけ、筋肉に小さな断裂などが起こった可能性があります。慣れない非日常的な強い強度の運動が筋スパズムを起こしたものと思われます。
首や肩の深部の筋のこわばりを緩め首や胸の関節の可動域を改善させることによって症状は消失しました。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2015年05月27日更新   カテゴリ : 肩こり・首の痛み 


肩こり・首の痛みに関連する症状