症例報告

灸治療

カテゴリ:関連記事, 関連記事

カイロプラクティック以外の代替医療についてのお話しです。

「きゅう(灸)」とは、経絡・経穴に温熱刺激を加えることで、身体の状態をさせる技術の事です。
灸による治療は鍼治療比べて世界的に見ても少し下火となっているのが現状です。


施術にもちいられる艾(もぐさ)はキク科の多年草である蓬(よもぎ)から作られます。
蓬の葉を乾燥させて葉の裏に密集している白い毛を集めたものが艾(もぐさ)です。

艾の種類には、散艾(ちりもぐさ)と切艾(きりもぐさ)があります。
○散艾は何も加工してない精製した艾をいいます。施術者が使用目的により大きさやひねりを適当に決めて灸に使用します。鍼灸院で受けるのはこのタイプです。
品質の良の艾は、クリーム色(黄白色)で香りが良く、触れたときの手触りが良いです。良い艾によるお灸は、受けときの熱感も穏やかで煙や灰が少ない特徴があります。


○切艾
加工した艾を和紙で細長く巻いて円柱状にしたものに、施術しやすいように一定の大きさで切れ目を入れたものです。大きさは、大切艾(小豆大)、中切艾(麦粒大)、小切艾(米粒大)の3種類があります。
切艾は家庭用として使用されることが多いようです。


悪いことをするときつく懲らしめる、あるいは戒めるという意味で御灸をすえると言いますが、実際にお灸をうけてみるとつらい事もなくむしろ心地良く感じることが出来ます。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2017年04月11日更新   カテゴリ : 関連記事, 関連記事 


関連記事に関連する症状