症例報告

競艇選手のメンテナンス (20代男性)

カテゴリ:その他

競艇選手をしている。職業柄腰や膝、首が痛くなりやすい。
腰を下ろさず、膝をついて前かがみの姿勢になるモンキー姿勢という格好を続けなければならない。今はまだ痛くなっていないが、将来の予防のためメンテナンスを受けたい。

来院時の症状

首の骨が前に凸のクレーンネック姿勢
胸椎と腰椎の移行部で後湾(後ろへ凸のカーブ)が増強してる
左肩甲挙筋、左腰方形筋の緊張
右の寛骨(骨盤部)のフィクセーション

経過

全体的に左の体幹部や首肩部の筋肉のトーンが高かったが、ターンマークをまわるときに左の
体幹部を固定させてハンドリングをするというとであった。
腰部、肩首部に対する緩和操作を十分に行ったあと、ストレッチ、フィクセーションに対するアジャストメントをおこなった。

コメント

この選手はスポーツ選手ならではの全体的な身体の柔らかさ、筋肉のしなやかさは維持できていましたが、競技ならではの身体の使い方によって首や腰の特定部位の関節に繰り返しの外力が加わっていました。カイロプラクティックによって将来の怪我に対する予防やパフォーマンスの向上を目指されることは非常に有効です。
お身体の状態をケアし確認した後でストレッチやトレーニングの仕方についてアドバイスさせていただきます。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2015年05月27日更新   カテゴリ : その他 


その他に関連する症状