症例報告

ぎっくり腰の後の脚のしびれ(40代男性)

カテゴリ:お尻の痛み・坐骨神経痛, 腰痛

3週間前ぎっくり腰のような状態で海外出張に行った。レンタカーを降りるのもやっとといような感じで何とかやり過ごした。その後会社に帰ってきてデスクワークをしているとだんだん脚にしびれが出るようになってきた。2週間ほど前から太ももの裏から足の指先までしびれが出てきた。腰痛はよくあるが脚が痺れるのは今回が初めてでこれは本当にまずいと思って来た。

来院時の症状

・右腰部の重だるさ
・右臀部、大腿後面、下腿、足先にしびれ
・前屈すると痺れが増悪、痛みはない
・お尻の筋を押すと膝下まで痛みが出てくる
・右下腿三頭筋に硬結

施術の経過

腰痛とその後のお尻の筋肉の過緊張により坐骨神経を圧迫してしびれが出ていると考えて治療した。
初回 右腰部の筋を緩める操作を行い、腰椎の可動性をつける操作を行った。右の殿筋群を緩め、下腿三頭筋の硬結を取り除く治療を行った。
二回目 前回の治療後腰痛はほぼ緩解した。しびれの方も若干弱くなったとの事。右の梨状筋、大腿二頭筋に対するアプローチ。ストレッチをお伝えした。
三回目 お尻の緊張もかなり改善し、足先にしびれはないとの事。
四回目 脚のしびれはほぼない。全身を整えて治療を終了した。

コメント

この方は来院時に腰痛と足の指先までのしびれを同時に訴えられていました。椎間板性の腰痛の可能性も考えられましたがヘルニアの症状の方にみられる動作に伴う怖々とした感じがありませんでした。検査の過程で股関節を内旋させるとつらさが増すということから梨状筋症候群による下肢のしびれであることが明らかになりました。
梨状筋というお尻の筋肉が硬くなるとその下を通っている坐骨神経を圧迫して下肢に痛みやしびれを起こすことがあります。これを梨状筋症候群といいます。その後この方は症状の原因がはっきして短期間で改善する方向に向かいました。
脚のしびれの原因のひとつにお尻の筋肉が硬くなって下肢に関連痛を出しながらヘルニアようの痛みを出すことがあります。長引く脚のしびれ・痛みでお困りでしたらご相談ください。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2015年06月11日更新   カテゴリ : お尻の痛み・坐骨神経痛, 腰痛 


お尻の痛み・坐骨神経痛に関連する症状