症例報告

立ち上がるときに脚の付け根が痛む(30代男性)

カテゴリ:お尻の痛み・坐骨神経痛

1カ月前から右脚の付け根が痛い。
かがんだり、靴下をはくとき、ズボンをはくときに痛む。ひどいときは太ももの後ろにしびれがでる。痛みの感じを方は、しびれ痛みという感じ。座っているときもお尻が座面にあたるところが痛む。
整形外科では骨に問題はないと言われた。現在は月に1回か2回フットサルをしている。

<来院時の症状>

・坐骨神経の原因を調べる下肢挙上伸展検査で問題はなかった。
・右股関節周りの可動性が著しく低下していた
・右股関節外旋筋群の圧痛が診られた
・右の骨盤(仙腸関節)の可動域に制限が診られた

<施術の経過>

神経的な問題ではなく、股関節の可動域の低下に伴う股関節を外側に回す筋群の筋肉が固すぎることでの問題が出ていると考え治療を行った。

初回 
股関節の可動性を高めるアプローチと、骨盤の偏りをとり、股関節の外旋筋群と外側大腿二頭筋(太ももの後ろの筋肉)の治療を行った。
治療後は片足を上げてズボンをはいても痛みがないとのことであった。

2回目(1週間後)
立ち上がるときの痛みはないが、座っているときのお尻の下の痛みはあるということであった。
家庭で行えるストレッチをお伝えした。

3回目(1週間後)
座面の痛みも少なくなってきたということであった。

4回目(1週間後)
調子がよい状態を維持できているとの事。
少し間隔を空けながら様子を見ることにした

コメント

この方のケースの脚の付けの根の痛みは骨盤の付着する筋肉が固くなりすぎたことによる症状でした。筋肉のしなやかさが失われてしまった背景には、股関節の可動域が低下していたことや骨盤が偏っていたことが考えられました。
問題となっている筋肉の自然な収縮と緩和が取り戻せるよう筋肉だけでなく、関節へのアプローチを行ったことが症状改善につながりました。
下肢の痛みやしびれの症状で坐骨神経痛を疑う場合は、まずしっかりと状態を把握することが改善の近道です。
脚のしびれでお悩みの方は是非ご相談ください。

■------------------------------------------------------■
*神戸で整体をお探しなら**WHO**基準の神戸六甲道カイロプラクティック*
JR六甲道駅より徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・産前産後ケアなどお身体のお悩み
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。
〒657-0027
神戸市灘区永手町4-2-1フォレスタ六甲105
TEL : 078-200-4128
mail :info@kobe-chiro.com(土日も受付)
■------------------------------------------------------■
神戸 整体 整体 神戸

2014年04月24日更新   カテゴリ : お尻の痛み・坐骨神経痛 


お尻の痛み・坐骨神経痛に関連する症状